悲しみよさよならという名のワイン

  • 2008/06/29(日) 17:55:32

シャトー・シャススプリーン2005






「神の雫」にも登場したワイン。

同年代の5大シャトーのワインに勝ったワイン。
ヴィンテージは2005じゃないけどね。

このワインの名前の意味は
「悲しみよさよなら」
ということで
景気づけや、おまじないとして
飲まれることも多いらしい。

かなり、力強い香りがする。
飲んでみると果実実が強く、
しばらく置いておくとかなり飲みやすくなる。
おいしい。

けど、感じたのは
グレートヴィンテージのこのワインだからこそ
もっと熟成させることが必要なのでは、という感覚。

よく考えたら結構、若いワインしか飲んでない。
古いのは高いから当たり前かも知れないけど。。。
でも、たくさんあるうちに買っておかないと
在庫もなくなっていくし。

やはり、大型ワインセラーは必要なのか?


もうちょっと家が広くなったら考えよう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

大型ワインセラーを先に買って、
その後で、そのセラーに合った家を探すんですよ。

順番が逆ですよ。

おじゃましまーーす!

なんで 今まで開かんやったんやろう!
これから、ちょくちょく読ませていただきまっす!
 しかし、ワインは、いいよね! あたしの
見かけ倒しの お料理もおおいにカバーしてくれる
気がする! でも、ほろ酔いになってからやけど・・

いらっしゃいませ!!

あっちゃん25さん

ようこそ、morryワインブログへ!!

世界一周×6大陸制覇×ハネムーンで
最速のコメント記入されている方に
このブログに参入頂き光栄です。

ぜひぜひ、今後もあそびに来てくださいね。

  • 投稿者: morry
  • URL
  • 2008/07/27(日) 11:38:16
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する