California WINE ON FRIDAY NIGHT

  • 2008/06/29(日) 18:13:43

金曜日の飲みは当然ビールから始まったが、
そこに集まったのはワイン好きの人と
何でも飲める人。
ということで、力強くワインの方向へ
舵をきりました、わたくしめは。

4本飲みましたが、写真を残していたのが
2枚ということでその範囲で紹介を。

1本目

カリフォルニアワインの父、ロバートモンダヴィ作

カベルネ・ソーヴィニヨン "ナパ・ヴァレー" [2005]





これはうまかった!!


力強さと、強い香りを感じるワイン。
何でも飲める友達も
「ワインってこんなにうまかったっけ?」
というセリフが思わずこぼれる。

morry株も↑↑
だったと思うけど、
この後4本も飲んだから
たぶんそんなことも忘れてるな、きっと。


ちなみにロバートモンダヴィは有名な
カリフォルニアワイン「オーパスワン」
育てた人です。

レストランで確か6000円くらいだったので
ネットなら2000円くらいで買えるのではと
思い、調べてみたら4500くらいしてびっくり
かなり良心的なお店でした。


2本目
ヴァレー・オブ・ザ・ムーン・ジンファンデル2005





最近ジンファンデルの味が好きなわたくしめは
勝手に好きなワインをオーダー。
味はおいしかったことしか
もはや覚えてませんが
周りの反応も良かったと思います。

これはネットで2680円。
たしか6000くらいはしたような気が。。。。
どういう基準で価格決めてるんだろ?

カリフォルニアワインはレベルが高い!

悲しみよさよならという名のワイン

  • 2008/06/29(日) 17:55:32

シャトー・シャススプリーン2005






「神の雫」にも登場したワイン。

同年代の5大シャトーのワインに勝ったワイン。
ヴィンテージは2005じゃないけどね。

このワインの名前の意味は
「悲しみよさよなら」
ということで
景気づけや、おまじないとして
飲まれることも多いらしい。

かなり、力強い香りがする。
飲んでみると果実実が強く、
しばらく置いておくとかなり飲みやすくなる。
おいしい。

けど、感じたのは
グレートヴィンテージのこのワインだからこそ
もっと熟成させることが必要なのでは、という感覚。

よく考えたら結構、若いワインしか飲んでない。
古いのは高いから当たり前かも知れないけど。。。
でも、たくさんあるうちに買っておかないと
在庫もなくなっていくし。

やはり、大型ワインセラーは必要なのか?


もうちょっと家が広くなったら考えよう。

まとめて4種類

  • 2008/06/23(月) 01:47:49

日本から持ち出せるワインは一人1000mlなので、
そもそもワイン1本半しか許可されない。らしいが、
チェックがいい加減なのか、どうでもいいのか
とりあえず一人2本は軽くスルーされた。

当然のことながら3日間の宴にはたった6本では
お話にならないと、いうことで、
初めてセブ島のスーパーマーケットに仕入れに
出かけた。

初めてフィリピンのスーパーに言ったけど、
意外にワインがおいてある。
葡萄の種類と産地でしか選べないので
がんばってチョイス。

買ったのが

フレシネコルドンネグロ(スパークリングワイン・スペイン)×2
トリベント メルロ(赤・アルゼンチン)
ハーディーズ シラーズ(赤・オーストラリア)
Sepia カベルネソーヴィニオン(赤・チリ)


日本であんまりメジャーじゃないのか
調べてもぴたっと出てこない。

フレシネは高い気温と湿度に放り込まれた我々には
(自分で行ったんだけど、、)
望まれていた一品!!
思わず2本買って、冷蔵庫できんきんに冷して
ありがたくのみほした!!美味でした。

あとは残念ながら覚えてないなー。
全部うまかった記憶しか。。
最近、葡萄による味わいの違いが
かなり分かるようになってきた気がする。

ということで、セブ島に行っての飲み会が終了。
もちろん海も良かった。
この部分は世界一周ブログにお任せです。

ではでは。



白ワイン×2

  • 2008/06/20(金) 00:01:39

さあさあテンポよく行きましょう。
というか、ゆっくり語れるほどの記憶が。。
白ワイン2本です。

どっちも、白ワインという涼しさが
南国の雰囲気を高めてくれましたね。

ドメーヌ・アンリ・ブルジョワ・プティ・ブルジョワ 2006



【解説】
地元フランスでも絶賛。
掲載されること自体が超難関と言われる[クラスマン誌]
では、サンセール地区から僅か8軒だけが選ばれた★付き
の栄誉に輝き、もう一つの重要誌[ギッド・アシェット]
にも毎年掲載パリの最高級レストラン[タイユヴェン]
をはじめ、数多くの一流レストランの定番ワインとして
オンリストされている。




ドメーヌ・デュ・タリケ ソーヴィニヨン・ブラン2006




グレープフルーツの味が印象に残ってます。

【解説】
ソーヴィニヨン・ブラン100%のワインです。
口中で生き生きとして、軽 快、まろやか、滑らかで素晴らしいです。
偉大な構造を持ち、品種の特性がよく表れています。
とても繊細で凝縮した花の香り、少しミネラルのニュアンスがあ る、熟したブドウのニュアンス、
非常に個性的な香りがします。とても良い凝縮度、フィネスとフレッシュさを兼ね備えています。
秀逸なアペリティフとしても よいですし、アニス風味のすずきのフィレとも素晴らしい相性でしょう。

正直にいって

  • 2008/06/19(木) 23:45:16

4本目なに飲んだかもはや記憶が。。

というところで、覚えているところから。

ヴィニョーブル・ギョーム・
ヴァン・ド・ペイ・フランシュ・コンテ・ピノ・ノワール 2005





んー、名前が長い。

このワインはさっきのカレラと違って
同じピノ・ノワール種でも
もっと果実味と酸味が強いワイン。
とろける甘さという感じではない。

でも、エノテカ(ワインショップ)の店長は
以前、これが(甘くないのが)クラッシックなピノノワール
といっていたので、良し悪しじゃないらしい。

ちなみにこのワインすごいんです。
世間の評価はこんな感じ。

【解説】
そのカリスマ性と造られるワインの品質の高さで初輸入時から大反響を呼んでいるアンリ=グザヴィエ・ギョーム。

彼の苗木に信頼を寄せる造り手には、アンリ・ジャイエ、DRC、ルロワ、コント・ラフォン、ルフレーヴ、ジョルジュ・ルーミエ、ドゥニ・モルテ、ジャイエ・ジル、ヴァンサン・ドーヴィサ、クレ・ド・セラン、ディディエ・ダグノー、クリュッグ、ボランジェ、ガイア、アンティノーリ、イゾレ・エ・オレーナ、ヨスコ・グラヴナーなどがいる。

まさに世界の超一流ドメーヌを一手に引き受ける"苗木界のドン"である。そのヴィニョーブル・ギョームに新たな勲章が加わった。

9月に発売された『2005年版アシェット・ワイン・ガイド』で、4年連続で<最も心に残るワイン>に選出されたのだ。しかも、「史上最高のヴァン・ド・ペイ!」と大絶賛されたのである。ヴィニョーブル・ギョームがこの栄冠に輝くのは、この10年で8度目。 まさに史上最高の名前に相応しい偉業と言えよう。

のワイン・マニアを虜にし続けるブルゴーニュの2大品種シャルドネとピノ・ノワール。その真髄と神秘性を自身のワインでも余すところなく表現するアンリ=グザヴィエ・ギューム。 カリスマ苗木家のワインは今年も、そして今後も史上最高であり続ける



要は一流の作り手が尊敬する苗木師なんです。
いい苗木なくして、最高のワインは出来ないってことですね。