パビオン・ルージュ!!

  • 2008/12/14(日) 21:44:38

久しぶりなんで、立て続けに行きます!!

次はこいつ。

というか、この貴女。

というのが適切な表現でしょう。


パヴィヨン・ルージュ・デュ・CH.マルゴー 




いわずと知れた、泣く子も黙る5大シャトーのひとつ

CH.マルゴーのセカンドワイン!!

日本ではCH.マルゴーが最も人気があるといわれる女王なのです。



濃い紫色で

一番驚いたのはその舌触り、

超滑らか!!エレガント!!

このワインが女性にたとえられる意味が良く分かります



友人と二人で飲みましたが、

美味すぎてついつい飲みすぎて

2本目にまで突入してしまったほどの味わいでした。


チャンスがあればまた飲みたい!!



本場直輸入!!

  • 2008/12/14(日) 21:18:35

どうも、ご無沙汰してます。

実に2ヶ月ぶりの更新です!!

この間飲んでたワインのうちで記録に

残しておきたい秀逸なワインたちを紹介します!!




そこで、今回登場するのが、

酒を飲まない後輩がフランスのお土産で買ってきてくれた

このワイン。


”クロ・サン・ジュリアン 2004 

サンテミリオン グランクリュ”





インポーターのラベルが貼られていない

フランス直輸入のコルクをあけます。


色は濃い黒に近い、

果実実が強いが

濃くてまろやかな味わい。

ものすごくバランスがいい!!

ゆっくりと、ずっと飲んでいたい、

そんな気持ちにしてくれる味わい。


なんか飲んでて思わず笑みがこぼれるワインでした。

世界に4000本しか存在しない希少なワイン。


このワインは毎年飲みたいですね。

禁断の3本目

  • 2008/07/21(月) 14:22:58

ラスト

CH.ポンタック・ランシュ 2000





今日は2本までにしとこうって決めたてたのに
開けてしまいましたこの一本。

これまで飲んだ2本と比べると
かなり華やかな香りが印象的でした。
味はメルローのやさしさからまろやかな感じ。
おいしく頂きました。

【解説】

ポンタック・ランシュの畑は
なんとシャトーマルゴーの畑から道一本隔てた場所で、
北側にはシャトーパルメ、
南側にはシャト・ディッサンという素晴らしい立地に位置しています。

1720年にポンタック家によって設立され、
メドックのクリュ・ブルジョワとして
評価も高く 長年に渡り愛されてきたシャトーです。

セパージュは約、メルロ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、
カベルネ・フラン5%という割合。

マルゴーらしいエレガントを体現する
重厚さを備えながらシルキーな舌触り。

−−−−−−−−−−−−−−−

飲む量を減らしたから味も完全に覚えてるかなーって
甘く考えてたらやっぱり、正確には覚えられないもんで。
メモが必要ですな。。

悲しみよさよならという名のワイン

  • 2008/06/29(日) 17:55:32

シャトー・シャススプリーン2005






「神の雫」にも登場したワイン。

同年代の5大シャトーのワインに勝ったワイン。
ヴィンテージは2005じゃないけどね。

このワインの名前の意味は
「悲しみよさよなら」
ということで
景気づけや、おまじないとして
飲まれることも多いらしい。

かなり、力強い香りがする。
飲んでみると果実実が強く、
しばらく置いておくとかなり飲みやすくなる。
おいしい。

けど、感じたのは
グレートヴィンテージのこのワインだからこそ
もっと熟成させることが必要なのでは、という感覚。

よく考えたら結構、若いワインしか飲んでない。
古いのは高いから当たり前かも知れないけど。。。
でも、たくさんあるうちに買っておかないと
在庫もなくなっていくし。

やはり、大型ワインセラーは必要なのか?


もうちょっと家が広くなったら考えよう。

白ワイン×2

  • 2008/06/20(金) 00:01:39

さあさあテンポよく行きましょう。
というか、ゆっくり語れるほどの記憶が。。
白ワイン2本です。

どっちも、白ワインという涼しさが
南国の雰囲気を高めてくれましたね。

ドメーヌ・アンリ・ブルジョワ・プティ・ブルジョワ 2006



【解説】
地元フランスでも絶賛。
掲載されること自体が超難関と言われる[クラスマン誌]
では、サンセール地区から僅か8軒だけが選ばれた★付き
の栄誉に輝き、もう一つの重要誌[ギッド・アシェット]
にも毎年掲載パリの最高級レストラン[タイユヴェン]
をはじめ、数多くの一流レストランの定番ワインとして
オンリストされている。




ドメーヌ・デュ・タリケ ソーヴィニヨン・ブラン2006




グレープフルーツの味が印象に残ってます。

【解説】
ソーヴィニヨン・ブラン100%のワインです。
口中で生き生きとして、軽 快、まろやか、滑らかで素晴らしいです。
偉大な構造を持ち、品種の特性がよく表れています。
とても繊細で凝縮した花の香り、少しミネラルのニュアンスがあ る、熟したブドウのニュアンス、
非常に個性的な香りがします。とても良い凝縮度、フィネスとフレッシュさを兼ね備えています。
秀逸なアペリティフとしても よいですし、アニス風味のすずきのフィレとも素晴らしい相性でしょう。